東北関東大震災によって被災された方々に心から謹んでお見舞いを申し上げます。
追悼セレモニー『OCEAN BLUE DAY』開催。日本のサーファーの心をひとつにして追悼の意をを込めて祈りましょう。

復興へ向けてのビーチクリーン・岩手県大槌町波板海岸

 

 

 

 

 


波板海岸でサーフショップを経営されていた(津波災害のため被災)杉本浩プロからのビーチクリーンリポートです。

復興へ向けての第一歩。そして、サーファーの海への思いをひとつにしてこれからも皆で支援していきましょう!

以下 杉本さんからのリポートです。

浪板海岸ビーチクリーン

日程:6月19日(日)12:00〜

人数:約120名

岩手県・大槌町のサーフポイントである浪板海岸は、津波により松林の2/3がなぎ倒され、公共のトイレやキャンプの設備・サーフショップ等、全てが流されてしまいました。

押し寄せた津波と引き波により、国道ののりめんとガードレールも壊れ、国道より奥の浪板の民家も全て流されました。

津波直後は浪板海岸も瓦礫の山となっていましたが、重機が入り大きい瓦礫は撤去されました。

しかし、松林と駐車場にはまだまだゴミがいっぱいで、今回サーファーによる浪板海岸復興に向けたビーチクリーンが行われました。

百か日にあわせ、大槌町でも合同慰霊祭が行われた為、遠くは千葉・仙台からも慰霊祭に参加・ビーチクリーンと、駆けつけてくれた仲間もいました。

12時から献花・黙祷を行った後、全員で清掃開始

上から見ると一見片付いたように見えた松林でしたが、手で拾い始めるとかなりのゴミの量

ガラスの破片や壊れたトタン、家の壁や普段使われていた日用品、衣料品、折れた木の破片など、危険なものや重いもの、砂に埋もれたもの、やはりこれは手で取らないと無理なゴミ

今回は大きいゴミなどのほとんどは片付きましたが、砂に埋もれたガラスや釘などのゴミがまだまだあります。

次回は、その埋もれたゴミや、海の中のゴミなども拾うことを今計画中です

浪板海岸は、津波でほとんどの瓦礫が海の遥か沖に流されたため、普段サーフィンなどで入る場所にはほとんど瓦礫が残っていません。

波打ち際に布などが引っかかっている程度なので、次回それを取れたら良いと思っています。

サーファーが1年を通して入っていた海なので、サーファーが海を綺麗にし、サーファーが戻ってくれば、いつか海水浴客も戻ってくると思ってます